GoPro HERO8 BlackとHERO7 Blackの違い おすすめなのは?

カメラ

GoPro HERO8 BlackとGopro HERO7 Blackは画質などには大きな違いはないものの使い勝手はGoPro HERO8 Blackの方が良いと思います。

GoPro HERO8 BlackとHERO7 Blackの違い~おすすめなのは?

標準フレーム

GoPro HERO8 Blackではマウント取り付け部が本体に、折り畳式マウントフィンガーとして搭載されました。そのためマウント用のフレーム「The Frame}が不要になりました。

GoPro HERO7 Blackのフレームをつけたり外したりする手間が、GoPro HERO8 Blackでは不要で使い勝手が格段に上がったと言えます。

この点だけでも、ヘビーユーザーさんにはGoPro HERO8 Blackの方をおすすめします。

GoPro HERO8 BlackはHDウェブカメラとして使える

広角ウェブカメラとしても使えるHERO8 Black用のβ版ファームウェアが発表されました。このファームウェアでアップデートした後にGoPro Webcam デスクトップユーティリティをインストールすれば、最新のウェブカメラになってしまうというものです。

現在はMac OS対応ですが、Windows版も開発中でリリースにそれほど時間はかからないとのことです。GoPro HERO8 Blackの用途がさらに大きく拡がったと言えます。

ウェブカメラとしては1080pの広角映像が可能になります。ビデオ会議などにGoPro HERO8 Blackがどんどん使われるようになると遊びにも仕事にもなくてなならないものになりそうですね。

もはやGoPro HERO7 Blackを選ぶ理由はないのではないでしょうか。

GoPro: How To Use Your GoPro as a Webcam

本体の大きさ

本体を比べるとGoPro HERO8 Blackの方が縦横とも3~4mm大きくなりました。しかし、GoPro HERO7 Blackがフレームを付けた時に比べれば、逆にGoPro HERO8 Blackの方が小さくて軽くなります。実質的にはGoPro HERO8 Blackの方が小型軽量です。

機能

手振れ補正機能のバージョンアップ

GoPro HERO8 Black GoPro HERO7 Black
HyperSmooth 2.0 HyperSmooth

GoPro HERO8 Blackでは手振れ補正がより強力になりました。

正面にマイクを追加

マイクを正面のレンズ下に追加したことで前方からの音声や自然の音をクリアに録音できるとのことです。ウェブカメラとして使う時に声が明瞭に入いるのでクリアなプレゼンやレクチャーができます。

モジュラーに追加予定

メディアモジュール、ディスプレイモジュール、ライトモジュールなどが利用できる予定だそうです。あまりモジュールをつけるとバッテリーの減りが気になりますが、その辺はどうなんでしょうね。

特長・機能などの比較

HERO8 Black HERO7 Black
主な特徴
写真 12 MP + スーパーフォト (高性能 HDR 搭載) 12 MP (スーパーフォト搭載)
ビデオ 4K60 4K60
全天球撮影
OverCapture
再フレーム
バッテリー 取り外し可能 取り外し可能
ハウジングなしの防水性能
2 インチのタッチ スクリーン (タッチ ズーム機能付き)
ビデオ安定化 HyperSmooth 2.0 HyperSmooth
音声コントロール
音声起動
スマートフォンへの自動取り込み
タイム ラプス ビデオ
スローモーション 8x 8x
ライブ ストリーミング
スーパーフォト
TimeWarp ビデオ
TimeWarp ビデオ 2.0
GP1 チップ
GPS
QuikStories
高度なメタデータ
Protune
Karma 対応
Super Suit (保護 + ダイブ ハウジング) 対応
オーディオ機能
最新のウィンド ノイズ低減 3 マイク処理  3 マイク処理
ステレオ オーディオ
360 度オーディオ
RAW 形式の音声取得 .wav 形式
3.5 mm オーディオ マイク入力 Pro 3.5 mm マイク アダプター利用時
接続機能
Wi-Fi + Bluetooth
GoPro アプリへの接続
クラウドへの自動アップロード GoPro Plus サブスクリプション利用時 GoPro Plus サブスクリプション利用時
GPS
HDMI ビデオ出力 HERO8 Black 用メディア モジュラーを使用 マイクロ HDMI ケーブル利用時
ビデオ
4K
広角視野角 60、30、24 fps 60、30、24 fps
SuperView FOV 30、24 fps 30、24 fps
4K (4:3)
広角視野角 30、24 fps 30、24 fps
2.7K
広角視野角 120、60、30、24 fps 120、60、30、24 fps
SuperView FOV 60、30、24 fps 60、30、24 fps
リニア視野角 60、30、24 fps 60、30、24 fps
2.7K (4:3)
広角視野角 60、30、24 fps 60、30、24 fps
リニア視野角 30、24 fps 30、24 fps
1440p
広角視野角 120、60、30、24 fps 120、60、30、24 fps
リニア視野角 60、30、24 fps
1080p
広角視野角 240、120、60、30、24 fps 240、120、60、30、24 fps
SuperView FOV 120、60、30、24 fps 120、60、30、24 fps
リニア視野角 120、60、30、24 fps 120、60、30、24 fps
960p
広角視野角 240、120 fps
720p
広角視野角 240、60 fps
リニア視野角 60 fps
ビデオ ファイルの形式 MP4 (H.264/AVC)、MP4 (H.265/HVEC) MP4 (H.264/AVC)、MP4 (H.265/HVEC)
最大ビデオ ビット レート 100 Mbps (4K) 78 Mb/s (4K)
自動光量調整
露出コントロール
写真
メガピクセル 12 MP 12 MP
連写レート 自動、60/10 秒、30/10 秒、60/6 秒、30/6 秒、30/3 秒、10/3 秒、30/1 秒、10/1 秒、5/1 秒、3/1 秒 自動、30/1、30/2、30/3、30/6、10/1、10/2、10/3、5/1、3/1
タイム ラプス フォトの間隔 0.5、1、2、5、10、30、60 秒、1、2、5、30、60 分 0.5、1、2、5、10、30、60 秒
連続写真撮影
スーパーフォト ✓(高性能 HDR 搭載)
RAW 形式の写真撮影
露出コントロール
モード
写真
連写モード
ナイト フォト
ビデオ
ループ
タイム ラプス フォト
タイム ラプス ビデオ
TimeWarp ビデオ
TimeWarp ビデオ 2.0
ナイト ラプス フォト
スローモーション 8x 8x
写真タイマー
デザイン + 寸法
寸法 幅 66.3 x 高さ 48.6 x 奥行き 28.4 (mm) 幅 62.3 x 高さ 44.9 x 奥行き 33 (mm)
重量 126 116 g
ステータス スクリーン
タッチ ディスプレイ
GP1 チップ
HDMI ポート
USB ポート USB-C USB-C
メモリー ストレージ Class 10 または UHS-I 以上の microSD Class 10 または UHS-I 以上の microSD
マイク 3 3
LED 2 3
バッテリー 着脱式 1,220 mAh リチウムイオン充電式 着脱式 1,220 mAh リチウムイオン充電式
交換式レンズ
カメラの保護
カメラの保護 (米国/その他の国で異なります)
カメラの補償 [米国] GoPro Plus サブスクリプションに含まれます GoPro Plus サブスクリプションに含まれます

おすすめは?

GoPro HERO8 Blackはフレームが無く、ウェブカメラとしても魅力的です。Blackを検討されている方であれば使い勝手の良いGoPro HERO8 Blackがおすすめです

GoPro HERO8 BlackにはCHDHX-801-FWとCHDHX-801-RWの違い

。GoPro HERO8 Blackは品番が2種類あります。CHDHX-801-RWとCHDHX-801-FWです。

  • FWは日本の正規品で保証が付くもの
  • RWは並行輸入されたもので保証なしのもの(ショップで独自の保証をしているものもある)

安いものではないので基本的にはFWを購入したほうが良いです。

GoPro HERO7 Black CHDHX-701 ゴープロ ヒーロー7 ブラック ウェアラブル アクション カメラ
GoPro(ゴープロ)
タイトルとURLをコピーしました