尿石除去剤 デオライト~家で使うのならどのタイプがおすすめか?

洗浄剤

尿石除去剤 デオライトはトイレ掃除をしていてもなかなか取れない頑固な尿石を除去するプロユースの尿石除去剤です。

基本的には男子用の小便器に付着した尿石を強力に除去するのに多く使われますが、家庭用のトイレでも使用できます。

家庭では日常的に使用する機会は少ないのであまり知られていないかもしれません。

ここではデオライトのラインアップから家での使用におすすめなデオライトをお伝えしています。

デオライトのラインナップ

劇物 成分(参考:正確にはメーカーページで確認してください)
デオライトL

該当せず 有機酸・塩酸8.5%、腐食抑制剤・キレート剤・着色剤
デオライト

該当 塩酸4%、硫酸20%、界面活性剤・キレート剤・防食材
デオライトSS

該当 塩酸7%、硫酸 20%、キレート剤・防食材
デオライトSP

該当 塩酸22%、キレート剤・防食材

含有する塩酸、硫酸がともに10%を超えた濃度では医薬用外劇物に指定されます。そのためデオライトL以外は医薬用外劇物に指定されているので「毒物劇物譲受書」の提出が求められます。

家庭で使うならデオライトL

これらの取り扱いは慎重に行う必要があります。劇物の取り扱い知識があるプロ向けの商品です。家庭で使用するのであれば、劇物に指定されていないデオライトLがおすすめです。ただし保護防具着用の上でただしく使う必要があります。

家庭用便器で使う時は尿石をデオライトに浸す

家庭用便器では尿石がデオライトに浸るまでデオライトを入れて洗浄します。

尿石

デオライトで尿石を浸す

尿石が除去されました

尿石(黄ばみ)への洗浄であればご使用いただけます。ポンプであらかじめ水を抜いていただいたり、黄ばみの上にトイレットペーパーを敷いたのち、薬剤をかける湿布式など工夫していただけると洗浄効果が高まります。

  • 防汚コーティングなど表面処理へ影響を与える可能性がございます。
  • 必ず洗浄前にご使用のトイレの説明書をご確認ください。
  • ご使用の際は、目立たない箇所で試してからご使用ください。

尿石除去と通常のトイレ洗浄は一緒にやらない

尿石除去作業をしながらトイレの洗浄はしない方がいいです。理由はデオライトは酸性なので、誤って塩素系の洗浄剤を同時に使用してしまうと有害な塩素が発生してしまうからです。非常に毒性が強いので命の危険性があります。

デオライトを使う時は他のトイレ洗浄剤は絶対に使わニと決めておけば事故が未然に防げます。

これはデオライトに限ったころではなく、酸素系と塩素系の洗浄剤は何であれ一緒に使用しては危険だということです。

トイレはできればまめに中性の洗浄剤でお掃除するのが一番安全です。トイレが一度きれいになったら是非中性の洗浄剤を使うことをおすすめします。

尿石がどうしても取れなくて、臭いが残ってしまうなら

もう自分で処理するのは無理です。あきらめて業者にお願いするのが良いと思います。

ダスキンなどのトイレサービスなら安心です。あまりよく知らない業者だと後でいろいろ請求されても困るので依頼するのであれば知名度があって信頼できる会社にした方が多少高くても安心です。

あるいは地元の業者さんにもさう段してみるのもよいでしょう。地元なら親身に相談に乗ってくれるのではないかと思います。

デオライトの通販

デオライトの通販情報です。下記のリンクから各大手通販のデオライト販売ページにジャンプデッキます。

楽天でデオライトをチェック

アマゾンでデオライトをチェック

ヤフーショッピングでデオライトをチェック

タイトルとURLをコピーしました